やりたいことをやるということ

「やりたいことが仕事になったなら」、サラリーマンなら誰もが一度は考えることだろう。でもやりたいことって、実は現状に対するグチのようなものが多く(それこそ働きたくないの類の話だったり)、その先に社会がつながってないことが多い気がする。

スープストック トーキョーを創った遠山正道さんのやりたいことは、「なんでこうなっちゃうの?」という、既存サービスに対する疑問と、「私だったらこうするのに」、という提案(疑問に対する回答)がセットになっているのだと思った。

それは、社会とつながって、社会をもっと良くしていく、という前提があるからこそ。やりたいことをやる=ビジネスモデル、と言ってるのだろう。

この本「やりたいことをやるというビジネスモデル」では、遠山さんのイメージが新規事業として形を成していく過程が描かれてて、社会人として読んでて楽しくなる本でした。

やりたいことが、ひとりよがりでなく、社会の中で生きて、はじめてビジネスになるんだなーと痛感。会社で新規事業やマーケティングの仕事をしてる人や、個人で新しいことを始めたい人にオススメ。


by
関連記事