ひとりで飲む。ふたりで食べる/平松洋子

出来ることならおいしいものが食べたい。そしていつも食べることを素直に喜んでいたい。ついつい世間に対して斜に構える癖があるので、食くらいは真っ直ぐに向き合いたいものだ。エッセイとレシピからなる平松洋子さんの本書は、そんな真っ直ぐな気持ちを育ててくれる。食べることに真摯になれる素敵な本。干し魚に一工夫加えるレシピ「あじほぐし干物レモン風味」がお気に入り。


by
関連記事